武居左官ブログ【塗り壁のお部屋にしてホッと落ち着きましょう】

大阪から発信。武居左官 ブログ★ 珪藻土や漆喰・砂壁など「塗り壁」で施工した、温もりある 空間を紹介~左官工事専門店の施工ブログ~

*

国の文化財の土壁【外壁 漆喰塗り替え話】その1

      2020/06/06

大阪・泉南市(せんなん)で外壁塗り替えの話です。

こちらのY様邸(Y家住宅)は江戸時代は庄屋さんだったそうで、とても大きなお屋敷。

泉南・江戸時代庄屋

築250年で国の重要文化財に登録されています。

一部屋根瓦の葺替えに伴って、外壁の塗り替えをさせて頂きました。



写真は1階の壁を剥がしている様子ですが、中2階の壁も古い漆喰と土壁を剥がして塗り替えます。

外壁の古壁はがし
 

恐らく250年前の新築当時のものと思われる壁と、その後 壁が傷んだ為 随時補修された壁とが混在していました。

外壁の古壁はがす

いたみの激しい部分は、土壁の下塗りとなる荒壁と 下地の木舞竹も剥がしのときに取れてしまう所もありました。

元請けの工務店さんの 小舞竹の補修の様子B。
      
 

土壁の一番下塗りの層となる 荒壁材です。

荒壁材
よく寝かせてあったドロなので いい色してます。

 
一部荒壁の補修塗りや不陸調整をして 最低2週間乾燥養生させて。

荒壁の不陸調整
 

これは 麻ネット。

麻ネット

土壁と土壁の間に 伏せ込んでひび割れを防止するための物。

普段は 中塗りにネット伏せが必要な時は 一般的なファイバーネットを使うのですが、ここは重要文化財なので 麻ネットで。
            
 

土壁の中塗り開始。

土壁の中塗り
下ごすりをして水が引かないうちに手早く麻ネット。

ファイバーネットの何倍もする高価なものなのですが、ちょっと仕事はしづらい。

しかし、文化財に相応しい自然素材なので ここはがんばらないと。

 

麻ネットを 伏せ込んでから中塗りへ。

外壁の中塗り
倅に土中塗りの特訓してます。
 

やっぱり 土壁の中塗りはホントに心地ち良い仕事。

左官の中塗り

中塗りの乾燥養生後、漆喰で仕上げます。



ー 関連記事 ー
◆外壁を漆喰リフォーム塗り替え~南大阪(熊取・泉南)~
◆大阪 羽曳野市 しころの家 黒漆喰・壁の塗り替え施工
◆屋根の漆喰塗り替えも【左官工事】の一つ~大阪は富田林の戸建て住宅にて~
◆お寺の外壁漆喰塗りと和室聚楽 砂壁塗り替えの話

 - 〇和風住宅 外壁漆喰塗り , ,