武居左官ブログ【塗り壁のお部屋にしてホッと落ち着きましょう】

大阪から発信。武居左官 ブログ★ 珪藻土や漆喰・砂壁など「塗り壁」で施工した、温もりある 空間を紹介~左官工事専門店の施工ブログ~

*

床のセメント素地仕上げ。

   

左官歴31年・塗り壁施工 武居左官  武居喜彦です。

 

内装の塗り壁工事の合間に たまには、普通にセメント塗りの左官工事の話もしてみます。

豊中市にある大学校舎のリフォーム現場から。 

buriko1703191

 

壁や床のモルタル補修はよく有ることですが、床の全面薄塗り仕上げもちょくちょく依頼されます。

buriko1703192

 

buriko1703193

 

Pタイル貼りの床を セメントの素地の風合いを表にだす仕上げに。

カチオン性の薄塗り材で下塗り中。

この数年、何度かインターネットからもこんなご依頼を頂き施工してきてます。

buriko1703194

 

仕上げ塗りに、床用薄塗り専用材。 

便利で扱いやすい材料なのでよく使ってます。 

 buriko1703195

 

下塗りが乾燥後、仕上げ塗り。

buriko1703196

 

仕上げが乾いた部屋。

コンクリートに似た程よい色合いになってます。

buriko1703197

 

乾燥後 塗装屋さんがクリヤーで仕上げ塗りをします。

buriko1703198

たまにはちょっと、こんな話もしてみました。  

 - いろんな左官工事