武居左官ブログ【塗り壁のお部屋にしてホッと落ち着きましょう】

大阪から発信。武居左官 ブログ★ 珪藻土や漆喰・砂壁など「塗り壁」で施工した、温もりある 空間を紹介~左官工事専門店の施工ブログ~

*

古い和室2部屋の壁と天井を「珪藻土」で塗り替え

   

左官歴31年・塗り壁施工 武居左官   武居喜彦です。

兵庫県・尼崎市N様邸。

和室の天井と壁を「高機能珪藻土 エコクイーン」でリフォームします。
ビフォーの壁は綿壁塗り、天井は板張りの古い和室でした。

尼崎03211

 

8畳の和室は、元々こんな感じ。

下地が土壁なので経年劣化で、なかなかの傷み具合でした。

尼崎03212

 

向こう側が4畳半の和室。

今回8畳と4畳半の和室をリフォームします。

尼崎03213

 

床の養生。

尼崎03214

 

剥離剤を塗って 古壁はがし。

尼崎03215

 

綿壁で塗ってある壁のはがし作業は、苦労することが多いです。

綿壁の塗り重ねは、当たり前の様に有るのですが、新築時にボンド入りのもを塗ったのか、

それと後に、塗り替えとして2回目の綿壁を塗る前、表面に表面強化として樹脂を塗ったのか、中途半端にカチカチ。

こんな場合は大変です。

尼崎03216

 

しかし、エコクイーンで塗り替えるので、根気よく1層目をはがしては、剥離剤をもう一度塗って最初の綿壁まで剥がし取ります。

尼崎03217

 

土の中塗りなので、建物の揺れなどで傷みの激しい所は、この通りボロボロ。

綿壁の塗ってある古い土壁の家の場合、このはがし作業とその後仕事が多くて手間がかかるのです。

目安として 築40年よりも新しい物は、石膏プラスターの中塗りが多いので、

中塗り(下地面)がこんなに崩れることがないので もっとスムースに作業が出来ます。

尼崎03218

 

はがし終えてから、あく止めシーラー塗り。

長い年月使っていた部屋は、タバコのヤニなどが下地まで染み込んでいることが多い。

アク止めをしないと、塗り替えた壁に滲み出てくることがあります。

エコクイーンや漆喰で塗り替える時は、アクには特に気を使います。

尼崎03219

 

土の中塗りが削れたところと凸凹を出来るだけ 補正。

そして乾燥養生。

尼崎032110

 

壁の養生期間中に大工工事。

古い天井板を解体して、木下地を組み替えて、断熱材を入れプラスターボードに張り替えてもらってます。

天井板の上に珪藻土や漆喰は塗れないのです。

尼崎032111

 

天井下地完成。  尼崎032112

続いて エコクイーン下地塗り。仕上げはNSR-5で塗り、お部屋が大きく様変わりします。

 - ●珪藻土塗りの和室 , , ,