武居左官ブログ【塗り壁の部屋にしてホッとしましょう♪】

珪藻土や漆喰・砂壁など「塗り壁」で施工した空間を紹介~左官工事専門店の施工ブログ~

*

自然素材珪藻土と漆喰で塗り替え

      2022/05/26

奈良市のI様より2階和室の漆喰塗り替えをインターネットからご依頼頂きました。

元々は築後35年経過した砂壁でした。

汚れはほとんど無いようでしたが、表面の劣化が進んでいたのか、新築時の手抜きなのか、このころはすでにあったはずの今と変わらない砂壁が、表面がぽろぽろ落ちやすい状態でした。

表面を削り落として、シーラーで表面を固めてから漆喰を塗ります。

漆喰塗り替えアフターです。

適度にコテ押さえしているので表面もポロポロ削れ落ちることはありません。

漆喰は強度も十分あって体に良い自然素材です。

 

写真は施工直後で乾きむらがありますが、完全に乾けば真白な壁になります。


それでは、次の現場の紹介です★



こちらは、東大阪市のリフォーム業者さんからのお仕事。

1階和室塗り替えの現場です。

こちらも築35年程度でしょう。

新築時を含めて3種類の塗り壁が塗り重ねられていたので、それを剥がしてから高機能珪藻土エコクィーンで塗り替えます。

 

古壁を剥がして中塗り層の石膏プラスターにアク止めシーラーを2回塗り、そして下塗り材NGUをぬります。

 

エコクイーン仕上げ塗りの様子。

和室の3面はNSRー1白色でフラット仕上げ、一面だけNSZー4で櫛目ウエーブ模様を付けます。

 

塗り替えアフターです。

後日、天井にはクロスを貼り、畳は表替えします。

いい部屋になりそうです。

 

こちらの写真も施工直後、2日もすれば完全に乾いて色は揃います。

さらっさらで硬さもあり、明るくてしかも体に良い自然素材 塗り壁なのです。

お見積り・お問い合わせは「たけすえ左官見積もりフォーム」まで★



ー関連記事ー

大阪の河内長野 観心寺金堂 漆喰塗り替えの話

大阪の泉佐野市 スペイン漆喰で塗り替え

日本の伝統漆喰の作り方や漆喰の特長や効果を左官職人が解説します

大阪・奈良で壁をリフォーム【珪藻土エコクィーンNSR】という材料です

 - 壁の色 , ,