武居左官ブログ【塗り壁のお部屋にしてホッと落ち着きましょう】

大阪から発信。武居左官 ブログ★ 珪藻土や漆喰・砂壁など「塗り壁」で施工した、温もりある 空間を紹介~左官工事専門店の施工ブログ~

*

築30年住宅の和室聚楽壁をはがし「漆喰」で塗り替えリフォーム(大阪の八尾市)

      2018/08/15

こんにちは。左官歴31年・塗り壁施工 武居左官です。

 

大阪 八尾市のK様邸 2階和室 2部屋漆喰リフォームの話。

子供部屋となる6畳の和室ビフォーは、塗り替え時のジュラク壁お住い中の工事で、

また、昨年H28年最終のお客様直接工事となりました。

yaosikui17111

 

こちらが2階のもう一つの和室、 床の間のある6畳和室。

寝室として使っているので、一日の作業が終了後 養生をとって元にに戻さないといけません。

ですから、こちらの部屋から作業開始してます。


スポンサーリンク

まずは、養生から。

yaosikui17112

       

順次 古いじゅらく壁をはがしてます。

yaosikui17113

 

お住い中の2部屋を 古い壁をはがして、漆喰に塗り替え。

これを2日間で行うのは、豊富な経験と技術が必要。そして息の合った良いメンバーでなければスムースに行きません。 

yaosikui17114

手際よく作業をこなす職人SさんとTさん。頼りになります。

 

そして子供部屋 部屋真ん中に集められた家具や荷物を汚さないように養生。

yaosikui17115

 

子供部屋の古壁はがし 開始。

yaosikui17116

 

その頃、各所養生作業を済ませたスタッフが、はがしたあとの床を清掃。

yaosikui17117

 
そして、下地調整調整塗りの準備。木部のマスキングテープはり。

養生作業も正確にこなすAさん。

yaosikui17118

 

さあ、下地塗り開始。古い壁から出る「アク」を止める。仕上げに塗る漆喰の水引きを程よく調整出来る。

下地の凸凹が少し改善される。

こういう目的で、その現場に合った下地材を使い分けてぬります。

yaosikui17119

 

元々の石膏の中塗りの凸凹具合がやや多めの部屋でした。

できるだけ補正しながらを心がけて塗ってます。

yaosikui171110

 

二部屋とも下塗り迄終えて。 

yaosikui171112

一日目の作業終了しました。

 

ー関連記事ー

●漆喰塗り 料金

●武居(タケスエ)左官へお見積もり・問い合わせ


スポンサーリンク

 - ●漆喰リフォームの様子 , ,