武居左官ブログ【塗り壁のお部屋にしてホッと落ち着きましょう】

大阪から発信。武居左官 ブログ★ 珪藻土や漆喰・砂壁など「塗り壁」で施工した、温もりある 空間を紹介~左官工事専門店の施工ブログ~

*

大阪市中央区・築39年住宅を「珪藻土エコクィーン」でリフォーム

   

大阪市中央区で中古住宅を購入されたO様より、鍵の引き渡しからお引越しまでの間に内壁前面の塗り替えご依頼を頂きました。

綿壁の部屋

インターネットからのお客様としては、今年の初仕事となります。
ありがとうございます。

 
さて、O様のご新居のビフォーは、築39年なので全部屋が綿壁で、一度も塗り替えられていない状態でした。

今回塗り替えるにあたって、O様が選ばれたのは高機能珪藻土エコクイーン。

お子様の事や後々のことを考えて、どうせ塗りかえるなら最高の珪藻土で!ということになりました。

なので、古い綿壁は全部剥がしてから塗り替えます。

剥離剤を塗って、さあ古壁剥がし開始。

剥離剤

 
2階の和室の長押と壁の隙間に新聞紙が詰められてました。

古新聞
今まで和室の塗替えは数多くやってますが、たま~にこんな風にしてるところもありますね。
 

オー!昭和55年3月の古新聞 私が中学1年生から2年生に進級間近の時期かな。

西暦1980年の新聞

懐かしい気分になりました。

 
階段の壁や

中古住宅の階段

 
和室3部屋、台所キッチン、トイレ、洗面の壁を剥がしが終わるころ

壁に塗るはくり剤
 

メーカーさんから予定通り材料が送られて来ました。

エコ・クィーン

古壁剥がしの後、アク止めシーラーを塗って、専用下塗り材NGU塗り、そして、仕上げ塗りとなります。 

 - エコ・クィーンでリフォームの流れ・様子 , ,